抗がん剤治療や脱毛などで医療用ウィッグが必要になった方は必見!医療用ウィッグの口コミからご自分にあった医療用ウィッグを見つける方法。

医療用ウィッグの口コミランキング

あなたに合った医療用ウィッグを見つけるために!

以前の髪型にこだわるならヘアスタイリストを選ぶ

医療用ウィッグは普通のウィッグを購入するのとは目的が違って、「イメージチェンジできればいい」、「新しい自分を楽しみたい」というものではない。いくら自然の美しい髪と言われても、それだけでは困ってしまうのが医療用ウィッグです。

第一に大事なのは、「脱毛前の自分の髪にどこまで近づけてもらえるか」ということなのです。自然のふんわりした髪型も大事、つむじの自然なできあがりも大事。しかし、自分の髪型とかけ離れていては、“バレてしまう”のです。

「以前の自分の髪型を医療用ウィッグのアレンジに求めるのは贅沢なこと?」という口コミがありました。たとえばネットで見つけたあるメーカーの医療用ウィッグを気に入ったとしても、送られてくるのは試着用のウィッグ。

それをそのまま被ったとしても、自分の以前の髪型にピッタリなわけではなく、それを可能にしてくれるのは、試着後のアレンジ調整です。このプロセスに重点がおかれていないメーカーでは、“自分の元の髪型を再現”してもらえません。

  • 脱毛以前の自分の髪を再現してもらえるかどうかは、ヘアスタイリストの技量によるところが多い。
  • ヘアスタイリストには、ウィッグ専用のヘアスタイリストと、美容室で経験を積んだヘアスタイリストの2通りがある。
  • ウィッグメーカーに就職してからカッティング技術を学んだヘアスタイリストは、ウィッグをまとめる力はあっても、客の要望に応えるアレンジには弱い。
  • 美容室でキャリアのあるヘアスタイリストでも、メーカーのウィッグの特性に精通していないと、ウィッグの良さを再現には生かし切れない。

バレるかバレないかは、スタイリストの技量で決まる

つまり、「バレるかバレないかは、究極、美容室での経験とウィッグに精通したカッティング技術の双方がヘアスタイリストの差であり、それが備わっていないと自分の以前の髪型に近づけてもらうことはできないのです。

双方の経験を積んだ技術力のあるヘアスタイリストの存在は非常に貴重なので、過去に医療用をオーダーして満足した人は、そのメーカーを大事にすべきです。口コミにあるような悩みは実に多いのでアドバイスしておきます。

  • 自分の脱毛以前の髪型がハッキリ大きく映った写真を何枚か送ること。
  • 前、後ろ、横。できれば、この3方向からの写真を送付するのがベスト。
  • 要望は箇条書きにしてわかりやすく。遠慮があってはいけない。
  • 髪の毛の長さやウエーブのかかり具合はもちろん、髪の毛の量にも注意すること。
  • 髪の量は試着用のウィッグの場合かなり多い。適度に髪のボリュームを落としてもらうと、自分の以前の髪型に近くなる。

 

ふんわりした髪の自然さ、人工毛と人毛のミックス毛が耐久性に富み、メンテナンスが容易であること、つむじの状態をチェックすることなどは、バレないウィッグのための基本的な項目です。

これを確認したうえで、先にお話ししたような事柄についてチェックしオーダーしましょう。バレるかバレないかを基準に考えるなら、技術力のあるヘアスタイリストがいるメーカーにオーダーするのがいちばんです。

医療用ウィッグ無料試着サービス
メニュー